2017年7月31日月曜日

<お米作り体験会【草取り・収穫編】 開催します>byオラ

7月があっという間に終わりました。

イベント、出荷等、草取りに追われているうちにもう8月です!!
くまの元気会のブログ

稲も一日一日と成長をしています。
草ももれなく・・・

毎日少しづつ、ヒエやイグサなどの草を抜いていますが
追いつかないです。

今は中干しと言って、水を抜いて土に酸素を与える時期ですが、
ヒエの穂も顔を出し始め、気づいたものから刈っています。

8月5日(土)はお米作り体験会を開催することになりました。
主に田んぼと畑の草取りを行います。

熱い時期ですので、草取りは早めに終えて、朝のうちに収穫した野菜を使って、みんなで昼食をつくっていただきましょう!

お米作り体験会

《草取り・収穫編》

福山くまの園の田んぼにて、草取り会を開催! 

毎日食べているご飯が、どのように作られているのかを知らない大人や子どもたちが増えています。くまの園にて、みんなでお米づくりの体験をしてみませんか?
お子様連れ、お年寄りを連れての参加も歓迎です。
お米づくりを通して、自然の中で土に触れる体験、汗を流す体験、働いて楽しい体験、共に働く体験、命をいただくという体験など、肉体と脳を使った 色んな農業を通じての実体験は、ゲーム世代にとって、きっと新しい喜びと『生きている』という実感をもたらしてくれることでしょう。

くまの園では、田植え、草取り、稲刈りとそれぞれ半年かけて、3回のお米づくり体験会を開催予定です。
その他にも、くまの園の田んぼや畑は、イベント日程以外でもお越しいただければ いつでも農業体験ができます。5月には種まき、育苗、6月には田植え、8月は草取り、夏野菜の収穫、9月土作り、10月は稲刈り、籾すりとお米づくりに関われる他に、畑では常時野菜作り、畑の草取り、収穫など1年を通じて体験できます。収穫した野菜を使って、一緒に料理していただくこともでき、宿泊も可能です。
『くまの元気会』のお年寄りを先生に、地元スーパー『クローバー』やぬまくま『道の駅』に野菜の出荷もしています。

連絡の上どうぞいつでもお気軽にお越しください。宿泊を希望の方、お車でお越しの方はお早めに連絡をお願いします。

時 : 201785日(土) 900~15:00
  ※草取りの後は昼食会を行います
◆場 所 : くまの園 福山市熊野町乙508
  (NPO法人グローバルハートスペース福山)
◆協力金 : 1人:1,000円 (小中学生500) ※昼食付き 
  ★宿泊は別途2000
◆持参物 : タオル・飲み物・帽子・田植えのできる服装(長そでシャツ)・着替え・
   作業手袋・ 田んぼ用長靴(ない方は相談ください/貸出いくつかあり)      
 ※昼食は、『くまの元気会』の野菜を収穫して、野菜料理などをみんなで作りましょう!
 ※前日からの宿泊可能です。(宿泊協力金2,000円 朝食付き)
 ※母屋の改築中が終わりました!新しい母屋にどうぞお越しください!!
  主催:NPO法人グローバルハートスペース福山 (くまの園)
 協力:アジア福山地方創生プロジェクト『くまの元気会』
 720-0411福山市熊野町乙508  TEL/FAX084-959-1736
  担当:森田豊子(オラ) 携帯:090-5702-8420
   Emailgoingoneway.ora@gmail.com

  Bloghttp://heartspacefukuyama.blogspot.jp/     

2017年7月25日火曜日

<大きく育ってね!>byオラ

6月に手植えした田んぼも、そのほかの田んぼの稲は
無事に大きくなっていますよ~~!
 ただ・・・草も大きく育っています(汗)

毎日の水やりと、草取りが結構大変です。
畔の草も日々成長します。

くまの園拠点母屋の改修工事がほぼ終わりましたので、
拠点は少し落ち着きました。

尾道に住む私オラの実家の父が、くまの園に
来てくれました。
一人暮らしをしており、89歳でまだまだ元気なのですが、ひとりで暮らすには限界も見えてきており、この福山の新しくなった家に来て、とても気に入ってくれここに住むと言ってくれています。

毎朝、5時から庭の草取りに精出してくれています。


朝ごはんは、ひと仕事が済んで老犬チョコと一緒に。
時には気分を変えて、外で食べるのもまた気持ちがいいなごむひと時です。

夏野菜も旬を迎えて、くまの元気会より、毎日スーパー・道の駅などに野菜をだしていますが、宅配も始めています。
GHSの畑では、オラが育てて出しています。
先月からくまさんがこちらをでられましたので、畑の先生が身近におらず、農業塾や、ご近所さんに聞きながら何とかやっております。

1軒だけではなく、何件か農家さんが集まるだけですごい数になります。
http://ameblo.jp/kumanogenki/entry-12295635377.html

取れるときは一気にとれるので、ご近所さんたちは、家庭菜園で家族知り合いなどだけのために作られていても、出来すぎて破棄される野菜もでてきました。
一番旬のおいしい時期にもったいないことですが、規格外(曲がったり少し傷があったり)は食べるには困らなくても売り物にはなりません。
それが日々ごっそり出てくるのです。

漬物に形を変えて出荷していますが、それも過剰気味。
惣菜製造はまだまだ追いついていません。

先日はとれ過ぎた野菜、規格外の野菜をレストランに送らせていただき、役立てていただきました。
まがったきゅうり、1日たったきゅうりですがまだまだ新鮮です。

ちょうど東京のスタジオでふれあい市をされるということで、またそちらにも出荷させていただきました。

大量生産されている野菜はなく、一つ一つに心をかけて育てられた
エネルギーにあふれる野菜たちです。
元気になる野菜の必要な方はどうぞ連絡ください。

森田:090-5702-8420