2017年10月21日土曜日

<稲刈りしました~~!> byオラ


このところ、ずっと雨が降り続いていましたが、
昨日は曇りでしたが、なんとか雨が上がりました。

午前中は風も吹いていることから、午後から稲刈りができるのではないかとおもわれ、様子をみていました。

稲がしっかり立っているところは穂も乾いてきます。
しかし少しでも倒れていると、水滴が落ちないので濡れたままです。

昼食を食べる前に、田んぼに入って手と竹を使って稲の穂の水滴を落していきました。
水はあっても、穂が乾いてしまえば何とかなります。
一部の田んぼを除いてはコンバインが入る硬さになっていましたので、
午後から機械で刈ることにしました。

天気予報ではまた土曜日の朝から雨ということ。
それも台風で風も強いということなので、できるだけ今日のうちに刈ることにしました。

田んぼは長雨でほとんどがぬかるんでおり、田植え用の長靴は必須です。












田植え用の長靴は、普通の長靴と違って、足にフィットしてさらにゴムをクロスして足もとにはめることで、ぬかるみでも抜けにくくなっているすぐれものです。

例年なら、田んぼ用の長靴をはかなくても普通の長靴で稲刈りができるのですけどね。
今年はすべての田んぼに水があるので、手刈りした稲をあぜに運ぶのも一苦労ですが、
機械入口、機械が回る隅のスペース、手植えして畦ギリギリに植えているところはもちろん手刈りです。


やると決めたら少しでも早く刈りたいところですが、今年はイノシシの鉄柵をはずすところからです。
鉄線と鉄棒でとめているので、取り付けは簡単でしたが、これをはずすのは一苦労。
でもこれらの鉄柵のおかげで、イノシシの被害も最小でおさえられたのですから、鉄柵にも感謝ですね!!
機械で刈り始めると、早い早い!!


みなさんで手植えした田んぼです。
刈ったモミは、運搬車で運んで乾燥器に入れていきます。
田植え会で手植えしたところも、本来なら皆さんに手刈りしていただくのが一番なのですが、台風前に刈るチャンスは強しかなく、仕方なく周りを手刈りしたあとは、コンバインで刈りとりました。

この場所は洋子さんが植えたところだな~大きく育ったよ~!
ここはムキンちゃんが植えたところかな・・・
ここはくまさんだ!
手刈りしながらも、皆さんと一緒に田植えをした時のことを思い出しました。

雨の合間の急きょの稲刈りで、みなさんと一緒にできなかったのは大変残念ですが、
ひとりで感慨深く刈らせていただきました。

こちらは土井さんのお孫さんが手植えした稲です。

田んぼのわかりやすい隅でしたので、成長を楽しみに見守っていました。
いつも心にかけていたからか、周りの稲よりも、一回り大きくそだったように思われます。
このひと株は、土井さんと相談し、手狩りして雨の当たらないところで はぜ干しして、近いうちに孫さんと一緒に取りにきてもらうことにしました。
 【ビフォー】6月植えた直後の苗です。
 ↓
7月にはこのくらいに!
【アフター】刈りとるとる直前です!
ひと株で植えた小さな苗も、なんとお茶わん1杯位のお米になります。
ひとつぶひとつぶ手でもみをむいて、ビンにいれて棒でついて精米できるので、白米として食べられるのです。

あたりは真っ暗になりましたが、コンバインはライトが付いています。
ヘッドライトと、懐中電灯で照らしながら、もち米を除いてすべてを刈り終えることができました。

終わったのは夜の8時。
ヘトヘトになって帰宅しましたが、台風の前に刈り終えた安心感と満足感で心は満たされます。

稲の根元は連日の雨で茶色くなっており、台風で稲が倒れてしまうのは目に見えていましたので、なんとか1日の曇りでもすべてを刈り取ることができて本当によかったです。

あとはもち米の田んぼだけです。

もち米は早くに熟れて収穫できる状況になっていましたが、他のお米と一緒に乾燥機にかけることもできず、はぜ干しにするのであれば、わらで束ねる時間も必要です。
またこの天気ではぜ干しにすると、カビがきてしまいます。

もち米の田んぼは1反もないので、倒れてもなんとか手刈りできる量です。
台風が過ぎた後の収穫でもなんとかできるでしょう!!

ほんとによかった~~♪

今離れの1階納屋では、乾燥機が夜を徹して回っています。
はぜ干しのお米は、太陽の光を浴びておいしいですが、
このような天候が続くとだめで、やはり乾燥機がありがたいです。

我が家の洗濯物も、このところ乾燥機に入れてカラッと乾かしていますので
陰干し臭がすることなく、フカフカになってとても気持ちが良いです。

お米もしかり。
人々は自然と共存しながらも、便利な機械を生んでいったのだとおもいますが、
このような雨続きには、特に乾燥機は本当にありがたいアイテムです。

お米の水分量は14..5%以下にならないと、出荷はできません。
乾燥器に入ったままにしていると乾燥が進みます。
湿度が高いので、水分がもどったりもします。
乾燥が足りないままでモミすりをすると、お米がわれてしまいますが、
過乾燥になると、お米の風味、味も悪くなります。

少し送風を送ってから熱を入れるのがポイントのようですが、
乾燥するのも手加減、目加減は欠かせませんね。

おいしいお米をつくるのは、簡単にはいきません。
できた新米を早速たべてみました!

おいしかったですよ~~~!!!

おいしいお米を作りたいですから、できる限り心と手をかけてあげたいと思います。

2017年10月20日金曜日

<稲刈り体験会中止のお知らせ> byオラ

今週末に予定していた稲刈り体験会は中止とさせていただきます。

連日の雨降りで、田んぼはぬかるみ少し晴れたくらいでは
稲刈りができそうにはありません。
天気予報ではこの週末もまた雨のようです。
また、台風も来ているということ。

稲の根元がかなり弱ってきているので、このまま強風が吹くと倒れてしまいます。
状況をみて、くもりでも、小雨でも、ぬかるんでいても刈ることもあるかもしれません。

とはいっても、田舎のこと。
稲刈り体験はできないと思いますが、拠点の壁塗り、
薪割りなど予定していることはたくさんあります。

近日中に、微生物活性酵素マイエンザ作りもやる予定です。
またアジアの支援品整理・バザー準備・ポップづくりなどもあります。

先週稲刈りの予定で来る予定にされていた方は、予定どおりに来られて、
他の体験をして帰られました。

宿泊、田舎ならではで、できる体験などはいつでも可能です。
お越しいただく方は森田まで連絡の上お越しください。
いつでもおまちしております。
森田:090-5702-8420

裏山の溝は滝のように勢いよく流れ、
家隣りの畑も連日水につかってしまい、畝が島のようになっています。
水はけの悪いところはもっと畝を高くしてあげないといけないと思いました。

植えたばかりの野菜の苗は、せっかく芽がでたものの、葉が黄色くなったりしています。
このまま雨が続くと根が駄目になってしまうかもしれません。
それに比べて草は元気に育ってますなあ・・・

田んぼ・畑仕事は、お天道様との相談ですから予測がつきませんね。

2017年10月19日木曜日

<ミャンマーの研修生来訪> byオラ

一昨日、昨日と 2泊3日でミャンマーの研修生ガッツさんが来訪されました。



詳細はこちらのブログに書きましたのでご覧ください。

くまの元気会

雨ふりがずっと続いています。

今週末の稲刈りもまたさらに延期になるかもしれませんが、明日決定したいとおもいます。

2017年10月15日日曜日

<モミすり3回目が終わりました> byオラ

昨夜モミすりの3回目がおわりました。

1回2回目は主人と二人で終わらせましたが、
昨日は遠くからサポートに来てくださる方があり、三人体制でゆとりを持って終わらせることができました。
乾燥に思った以上に時間がかかり、終わるのは夜になってしまいました。

完全防備で見えにくいですが、選別機右手の黒づくめがサポートメンバーです!

埃が舞いますので、なにもしていないと後であちこちがイガイガします。
わたしも写真には写っていませんが、すべてを覆っております(笑)

今まで刈り取ったものは、すべて乾燥、モミすり、計量、袋詰め、格納ができましたので、あとは第二段で来週刈り取ってからになります。

実は田植え、稲刈り自体は機械ですると楽に早くできますが、
本当に大変なのは、機械ではできない手作業なのです。

主人と二人でやっていても『大変』と思う仕事の数々。。。
日本全国このような手仕事をお年寄りが支えている現状ですので、
ご主人がなくなって一人になったり、さらに年をとって体力に限界を感じたり、
機械が故障して買い替えの必要がでると、やめるという決断しかありません。

休耕田が増えるのは仕方がないのだと思われます。
だからそのままにするのではなく、橋渡しできることがあるのだと思います。

田畑の仕事をすべて手放すのではなく、できることをやっていきながら、
できないことのサポートができると、生涯現役で働けることと思います。

その橋渡しをするためにも、大変なこともすべてを体験する必要があると思っています。
決して楽ではありませんが、体験の一つ一つに無駄なことは何一つなく、
『やれやれ・・・』と思うことは多々ありますが、それさえも楽しんでやっております。

さて、朝が来ました。
やはり雨ですね。天気予報はあたりますね。
今朝は小松菜がたくさんできている元気会のメンバーさんのところに
収穫サポートから始めたいと思います。

今日も一日元気にがんばりまっす!!

2017年10月14日土曜日

<お米作り体験会【稲刈り編】延期のお知らせ> byオラ

15日に予定していた、稲刈りの会を22日(日)に延期することにしました。

天気予報の通りに、雨が続いています。

6月前半に植えた稲はなんとか雨の前に刈り取ることができました

6月中旬に植えたものは、1週間後に刈ります。

よろしくおねがいします。

2017年10月12日木曜日

<稲刈り開始しました> byオラ

突然ですが、くまの園での稲刈りを開始しました。

一昨日は娘の結婚式で横浜に出かけており昨夜福山に帰省したばかり。
稲刈りは週末くらいからかな・・
とのんびり構えていましたが、稲は先に植えたヒノヒカリはすでに黄金色。
いつでも刈り取りができる状況になってきました。

また、天気予報では、明日から雨ということ。
稲刈りは、おひさまで乾いた状態で刈るのが一番です。
雨が続くと、週末の稲刈り会の開催も危ぶまれます。

稲が乾いている今のうちに少しでも刈ろうということで、急きょ主人も仕事の休みをいただいて、二人で稲刈りを始めました。

朝は、小松菜の出荷とお漬け物の出荷がありましたので、急ぎやり終えました。

1年に1回しか使わないコンバイン。
ネズミが機械にはいりこんだりしているので、使い始めのメンテナンスはかかせません。
ヤンマーさんに、ベルトをかえてもらったり、準備に時間をかけながら、やっと開始です。

昨日は真っ暗になっても、ライトをつけながら、できるだけの刈り取りをすませました。

私は機械が入りやすいように、田んぼの隅を鎌で手刈りしながら、排出の機械操作と、主人がお米を運搬車で運ぶ間はコンバインをつかいました。

稲が湿っていると、コンバインにからみついて、機械をとめてしまったり、
色々なアクシデントもありながらも、なんとか一日がおわりました。

明日も雨が降るまでは目いっぱい稲刈りをしたいとおもいますが、
さてお天気はどうでしょうか・・・

2017年10月6日金曜日

<稲刈り会を開催します!> byオラ

ご無沙汰しています。

くまの園では、いもち病、イノシシや、台風・・・
色々と心配材料はありましたが、今年もなんとか収穫の時期を迎えることができました。

現在アジア福山地方創生プロジェクト『くまの元気会』をたちあげており、日々の活動詳細はこちらのHPブログからご覧ください。
HP
くまの元気会HP

ブログ
くまの元気会オラのつぶやき

中旬から順次稲刈りを開始します。
6月に皆さんでお手植えした田んぼもこの通りしっかりと実っております。


15日はお米作り体験会【稲刈り編】を開催させていただきます。
どうぞご家族でお越しください!

チラシ
↓ ↓
お米作り体験会【稲刈り】
  
お米作り体験会【稲刈り】
◆日 時 : 2017年10月15日(日) 9:00~15:00
 
※昼食時には活動紹介・交流を行います。
 ※天候により変更もありますのでご注意ください。◆場 所 : くまの園 福山市熊野町乙508 (NPO法人グローバルハートスペース福山)
◆協力金 : 1人:1,000円 (小中学生500円) ※昼食付き ★宿泊は別途2000円
◆持参物 : タオル・飲み物・帽子・稲刈りのできる服装(長そでシャツ)・着替え・
             作業手袋・ 田んぼ用長靴もしくは。普通の長靴      

 ※昼食はくまの園の新米ご飯に、豚汁・漬物 野菜料理などの軽食を用意します。
 ※前日からの宿泊可能です。(宿泊協力金2,000円 朝食付き)

 ※宿泊は5名様までです。お早めにお申し込みを!
主催:NPO法人グローバルハートスペース福山(くまの園)
協催:アジア福山地方創生プロジェクト『くまの元気会』
 720-0411 福山市熊野町乙508  TEL/FAX:084-959-1736
 お申込み:森田豊子(オラ)携帯:090-5702-8420 


体験会お申込フォーム

くまの園アクセスMAP

2017年8月6日日曜日

<体験会終了しました> byオラ

お米作り・野菜の収穫体験会終了しました。

猛暑のため、草取りは早々に終了し、くまの元気会のみなさんと一緒に出荷が始まった菊やスイカの出荷準備と、午後からは発送を行いました。


くまの元気会のメンバーでもある、小学生のゆうなちゃんが重いスイカを抱えて、道の駅と、クローバーへの出荷サポートを引き受けてくれました。
畑で割れてしまったスイカをみんなで試食!
これは甘いが、あちらのは甘くないと、ワイワイガヤガヤ!
同じ畑でも、味にはかなり差がでます。

昼食は、元気会のみなさんと一緒に、カレーライスをいただきました!



畑からの収穫から始り、冷蔵庫への保管。
出荷においては、陳列、バーコードの打ち出しなど、大活躍の一日でした。


300円~1000円までの価格で打ち出したバーコードをスイカに貼っていきました。

スイカたちが、喜んでお嫁にいけますように!

2017年7月31日月曜日

<お米作り体験会【草取り・収穫編】 開催します>byオラ

7月があっという間に終わりました。

イベント、出荷等、草取りに追われているうちにもう8月です!!
くまの元気会のブログ

稲も一日一日と成長をしています。
草ももれなく・・・

毎日少しづつ、ヒエやイグサなどの草を抜いていますが
追いつかないです。

今は中干しと言って、水を抜いて土に酸素を与える時期ですが、
ヒエの穂も顔を出し始め、気づいたものから刈っています。

8月5日(土)はお米作り体験会を開催することになりました。
主に田んぼと畑の草取りを行います。

熱い時期ですので、草取りは早めに終えて、朝のうちに収穫した野菜を使って、みんなで昼食をつくっていただきましょう!

お米作り体験会

《草取り・収穫編》

福山くまの園の田んぼにて、草取り会を開催! 

毎日食べているご飯が、どのように作られているのかを知らない大人や子どもたちが増えています。くまの園にて、みんなでお米づくりの体験をしてみませんか?
お子様連れ、お年寄りを連れての参加も歓迎です。
お米づくりを通して、自然の中で土に触れる体験、汗を流す体験、働いて楽しい体験、共に働く体験、命をいただくという体験など、肉体と脳を使った 色んな農業を通じての実体験は、ゲーム世代にとって、きっと新しい喜びと『生きている』という実感をもたらしてくれることでしょう。

くまの園では、田植え、草取り、稲刈りとそれぞれ半年かけて、3回のお米づくり体験会を開催予定です。
その他にも、くまの園の田んぼや畑は、イベント日程以外でもお越しいただければ いつでも農業体験ができます。5月には種まき、育苗、6月には田植え、8月は草取り、夏野菜の収穫、9月土作り、10月は稲刈り、籾すりとお米づくりに関われる他に、畑では常時野菜作り、畑の草取り、収穫など1年を通じて体験できます。収穫した野菜を使って、一緒に料理していただくこともでき、宿泊も可能です。
『くまの元気会』のお年寄りを先生に、地元スーパー『クローバー』やぬまくま『道の駅』に野菜の出荷もしています。

連絡の上どうぞいつでもお気軽にお越しください。宿泊を希望の方、お車でお越しの方はお早めに連絡をお願いします。

時 : 201785日(土) 900~15:00
  ※草取りの後は昼食会を行います
◆場 所 : くまの園 福山市熊野町乙508
  (NPO法人グローバルハートスペース福山)
◆協力金 : 1人:1,000円 (小中学生500) ※昼食付き 
  ★宿泊は別途2000
◆持参物 : タオル・飲み物・帽子・田植えのできる服装(長そでシャツ)・着替え・
   作業手袋・ 田んぼ用長靴(ない方は相談ください/貸出いくつかあり)      
 ※昼食は、『くまの元気会』の野菜を収穫して、野菜料理などをみんなで作りましょう!
 ※前日からの宿泊可能です。(宿泊協力金2,000円 朝食付き)
 ※母屋の改築中が終わりました!新しい母屋にどうぞお越しください!!
  主催:NPO法人グローバルハートスペース福山 (くまの園)
 協力:アジア福山地方創生プロジェクト『くまの元気会』
 720-0411福山市熊野町乙508  TEL/FAX084-959-1736
  担当:森田豊子(オラ) 携帯:090-5702-8420
   Emailgoingoneway.ora@gmail.com

  Bloghttp://heartspacefukuyama.blogspot.jp/     

2017年7月25日火曜日

<大きく育ってね!>byオラ

6月に手植えした田んぼも、そのほかの田んぼの稲は
無事に大きくなっていますよ~~!
 ただ・・・草も大きく育っています(汗)

毎日の水やりと、草取りが結構大変です。
畔の草も日々成長します。

くまの園拠点母屋の改修工事がほぼ終わりましたので、
拠点は少し落ち着きました。

尾道に住む私オラの実家の父が、くまの園に
来てくれました。
一人暮らしをしており、89歳でまだまだ元気なのですが、ひとりで暮らすには限界も見えてきており、この福山の新しくなった家に来て、とても気に入ってくれここに住むと言ってくれています。

毎朝、5時から庭の草取りに精出してくれています。


朝ごはんは、ひと仕事が済んで老犬チョコと一緒に。
時には気分を変えて、外で食べるのもまた気持ちがいいなごむひと時です。

夏野菜も旬を迎えて、くまの元気会より、毎日スーパー・道の駅などに野菜をだしていますが、宅配も始めています。
GHSの畑では、オラが育てて出しています。
先月からくまさんがこちらをでられましたので、畑の先生が身近におらず、農業塾や、ご近所さんに聞きながら何とかやっております。

1軒だけではなく、何件か農家さんが集まるだけですごい数になります。
http://ameblo.jp/kumanogenki/entry-12295635377.html

取れるときは一気にとれるので、ご近所さんたちは、家庭菜園で家族知り合いなどだけのために作られていても、出来すぎて破棄される野菜もでてきました。
一番旬のおいしい時期にもったいないことですが、規格外(曲がったり少し傷があったり)は食べるには困らなくても売り物にはなりません。
それが日々ごっそり出てくるのです。

漬物に形を変えて出荷していますが、それも過剰気味。
惣菜製造はまだまだ追いついていません。

先日はとれ過ぎた野菜、規格外の野菜をレストランに送らせていただき、役立てていただきました。
まがったきゅうり、1日たったきゅうりですがまだまだ新鮮です。

ちょうど東京のスタジオでふれあい市をされるということで、またそちらにも出荷させていただきました。

大量生産されている野菜はなく、一つ一つに心をかけて育てられた
エネルギーにあふれる野菜たちです。
元気になる野菜の必要な方はどうぞ連絡ください。

森田:090-5702-8420

2017年6月12日月曜日

<お米作り体験会(田植え)終了しました!> byオラ

11日はおコメ作り体験会(田植編)を開催しました。
石川・岡山から5名の参加者が宿泊され、
前日は温泉に入って、蛍を眺めて・・・
みなさんぐっすり眠れたようです。

さて朝は、当日参加者と一緒に9時から田植え開始です。
田植えが初めてという3名。
足を取られながら、蛇行しながらも一番小さな田んぼにしたこともあり、早い時間に終えることができました。

その後は、体力の残っている方は、機械で植えた田んぼの植え残したところを手植えしていきました。


昼食メニューは、いのしし肉の具だくさん味噌汁、豆のカレー、野菜炒め、サラダ、漬物、ふきの佃煮などなど。

ここで収穫した材料を使って料理していただきました。
真ん中のがきゅうりです!初収穫♪

ピーマンも初物!
レタス、きゅうり、ナス、ピーマンを少しだけですが、収穫することができ、野菜炒めと、サラダに入れていただきました。

お昼御飯は、参加者のみなさんと『くまの元気会』のみなさんと一緒にいただくことができました。残念なことに、元気会の地元のみなさんは、農繁期でみなさん御自分の田植えが忙しくて、3名しか参加できませんでしたが、楽しいひと時を過ごしていただけたのではないでしょうか。

午後の交流会も含めて総勢19名で、とてもにぎやかな会となりました。

ご近所さんからの差し入れ、猪汁が大好評でした。
昼食が終わったころにスペシャルゲスト、
ちょうど来日中の、スリランカのお坊様と、ミャンマー、スリランカの研修生たちも来訪くださいました。
スリランカとミャンマーの国旗を貼って歓迎!
スリランカのサジーニさん。
くまの園に1か月滞在されたことがあります。
右に亜弥迦さん、中央にはスリランカの僧侶スブーティセアロ

ミャンマー人のガッツさん
ミャンマー人のウィンさん
それぞれ、みなさんに自己紹介をしていただきました。

その後は田んぼや畑で、収穫したり

ガッツさんは機械の操作をしてみたいということで、
あと1枚となった田んぼで耕運機を操作されていました。
アジアのみなさんも、それぞれにくまの園でいろんな体験を楽しんでおられました。