2015年6月18日木曜日

<初トマトの収穫!!> byオラ

オラです。

昨夜広島の自宅に帰宅しました。
1ヶ月半、農繁期にくまさんと一緒に田植えをしました。
今日からは当分くまさんが一人でくまの園をの管理をします。
秋収穫のサトイモ、大きくなってきました。もう少ししてあぜを切ります。

田んぼは植えてから収穫まで、気が抜けません。
福山の田んぼは、すべてコンクリートのあぜではなく、モグラの穴など、水が抜けやすい田んぼが多く、朝いっぱいにしていても、夕方にはなくなっていたりします。

水が張ってないと、草が生えやすく、特に除草剤を使ってない田んぼは見るも無残に草だらけとなってしまいます。

今年は米ぬかを撒く実験もしていますが、水を入れすぎて、苗が半分以上つかると元気でなくなってしまったりして、水の量も多すぎず、土が出ていない状況にするのには、目がはなせません。
水も取り込みやすい田んぼもあれば、なかなか入れにくい田んぼもあります。
7月に入ると草もびっしり生えてきます。
くまさんは田んぼにはいつくばって連日草取りをしています。

訪問の際は、きっと外でどろんこになっているくまさんを発見することとおもいます。

谷で「くまさ~ん!」と呼ぶと、どかにいるとおもうし、ご近所さんが「あそこにいるよ~!」とおしえてくれたりしますよ。

さて、うれしいおしらせです。
先日帰宅前に、ビニールハウスの中でトマトの初収穫をしました!


ビニールハウスは、みなさんで手づくりしたものです。
写真嫌いのくまさんは、顔はこちらにむけてくれませんが、うれしい初トマトです!!



記念のトマトでしたが、ビニールハウスの中でまるかじりしました。

冷蔵庫にいれて冷たく冷えているわけではなく、生温かいトマトでしたが、
ほんのり甘く、トマト本来の香りがして、なんともいえない幸せな気持ちになりました。

昔は当たり前だったことかもしれませんが、
収穫してその場でいただくのは究極の贅沢ですね。

広いハウスでの大量生産ではなく、たったの数本を大事に大事に見守り、世話をしているだけに、見た目は同じトマトですが、全然違うトマトなのです。

その違いは一口食べるとわかるとおもいます。
これからそのトマトがひとつひとつ採れていきますよ。

畑には、トマトだけでなく、いろんな野菜が少しづつ植えられています。
くまさんの野良仕事はこれからも休むことなく続くとおもいます。

みなさん、どうぞ『くまの園』へはお気軽にお越しください。
仕事はいっぱいありますが(笑)





できたとこ勝負のくま野菜ですが、
登録させていただければ、送らせていただきます。
こちらも連絡をお待ちしています。
昨日収穫した野菜です!
福山の拠点は田畑だけではなく、全国の展示会のときのアイテムの発送もになっております。
くまさんは、昼間は野良仕事に精を出し、夜はアイテムの管理業務です。
札幌、九州、石川、岡山、東京など全国で開催される展示会に向けて、アイテムを選んでパソコン入力をして、箱に入れて発送という業務もこなします。

8月はカンボジアに向けての支援物資の発送も入ってきます。
皆さんからのタオル、歯ブラシ、Tシャツなどをボランティアで物資を持参くださる方のご自宅や、出発空港にむけて選んでパソコン入力し、発送しています。

そんな中で、「くまさんのおかげで甲谷がきれいになったね~」とご近所さんがいわれます。
ご近所さんのところ、公道も関係なく、目に付く草を黙々と刈り、一輪車で掃除しているくまさんは、この谷では、今ではなくてはならない人になっています。

そんなくまさんのいる『くまの園』に、みなさんもどうぞいらしてください。
『働いて楽しい!共に育つ!』がこの拠点のテーマです。
土に触れ、汗を流してはたらく楽しさは、都会ではなかなか味わえないですよね。

布団もあり、いつでも宿泊もできます。
畑で採れた野菜を、その場で料理してたべてみてください。

綿くり、わた打ちもご希望あればいつでも体験できます。

くまの園に来ると、元気が出てくると思いますよ。
そして、やったことのないいろいろな体験をぜひ味わってください!!

0 件のコメント:

コメントを投稿