2014年10月25日土曜日

<心米がもうすぐ届きますよ♪> byおら

天日干しした稲は、台風後にはお天気が続き、なんと1週間で玄米になりました!!
雨にあたると、また乾くまでに時間がかかりますが、農機具の片付けも早く終わることができました。
みなさん、本当にありがとうございました!!

稲刈り、モミスリが終わりましたが
ホッとする暇はありません。

機械は1年に数日しか使いませんが、きれいにしておかないと、
ねずみの餌食になってしまいます。

コンバインも分解して、きれいに洗います。

こちらは乾燥機。
したの扉を開くと、わらの粉末がたくさん入っており、
掃いて掃除します。
こちらがモミスリ機です。
昨年はローラーをねずみにかじられて、もみがきれいにとりきれず、
今年はローラーを新調しました。


機械を掃除していつもおもうことは、これらの機械は全て日本製です。
日本人のものづくりはすごいとあらためて おもいますね。

大変な野良仕事、農繁期の仕事を少しでも楽にしようと企画されたのだろうと察しますが、日本製の機械は本当によくつくられているな~と感激します。
こちらは選別機です。


きれいに紐をとりきってからスイッチをいれました。
余談ですが、今年も機械を出したとき、ねずみの仕業があちこちありました。
下記2枚の写真は、今年のねずみの仕業写真です。

このモミスリ機のローラー部分。今年は取り替えるためにカバーをあけてびっくり。
紐がめちゃくちゃ絡んでいます。
黒い紐のようなコードは、ねずみが布の紐をなんと機械の中に持ち込んだものです。
はさみで切取りながら掃除しました。
こんなに複雑にどうやって持ち込んでまきこんだのでしょうね~!



こちらは乾燥機の配電の裏側です。綿の布団がびっしりと持ち込まれていました。

昨年の冬はねずみさんたちは、
さぞかし暖かかったことでしょう。
このまま電気のスイッチをいれると恐ろしいことになります!!
機械は使う前に念入り掃除から始まり、終わるとまた念入りに掃除しておきます。
ねずみとの戦い生活です。

紙袋にいれて保管するお米。
保冷庫に入りきらないお米をどう管理するか、考えなくてはいけませんね。

稲刈りが終わってから数日して雨が降りました。
天気がいいと外の仕事が多くなりますが、雨のおかげで家仕事がはかどりました。

そして昨日から、やっとみなさんのお米を発送できる段階まで準備ができました!!!

手植えで、手刈り、農薬も使わず、マイエンザを使い、天日干しした稲は
たったの4袋(120キロ)しかありません。
ご予約の方だけで、なくなってしまいそうな勢いですので、
お申し込みはお早めにされると良いとおもいます!!
お米は、予定よりも、みなさんに早く発送できることになったので、
昨日も夜なべしてくまさんと一緒に発送の準備をしていました。
荷物の中には、小さな小さなスペシャルプレゼントを入れています。
どうぞ楽しみにおまちください。
さつまいも。最後はくまが全て掘って、今年の収穫を無事終えました。


お布団も日光消毒ですね~~!

私は今日は広島に移動、その後石川、アメリカシカゴとまた半月ほどでかけます。

当分くまさんだけになりますので、
お近くの方、どうぞくまサポートをよろしくおねがいします。

そうそう、みなさんの名前のついた黒豆たち。
こちらもじわじわと黒豆になるべく、色づいてきています。

まだまだ枝豆で食べられるお元気さんもいますね。


お正月においしい黒豆が食べられると思います。


奥の畑の葉物野菜も元気です。
里芋も、じわじわと茎がかれてきています。12月始めには掘れます。

冬に向かうくまの園もなかなか風情がありますよ。
どうぞおこしください!!

0 件のコメント:

コメントを投稿