2014年2月20日木曜日

<地域花卉剪定講習会参加> by くま


時々気になっていた「福山園芸センター」の看板。

今回はそこで“花卉剪定講習会”が開催されます。

看板をもとに曲がってから、一体どこじゃぁー!と思いながら
車を走らせるとようやく見えてきました。
見学自由とあるけど、ここまで来る人っているのかしら!?という環境。
見晴らしは抜群ですけどね。

随分上がってきました









講習会はまずは理論から。
各木の花のつき方や仕立て方の大まかな説明を資料を基に2時間ほど。

花のつき方は種類ごとにそれぞれ違うけど、
「基部優勢/もとに近いところほど勢いが強い」
「強く切り返せば切り返すほど、また強い木がでてくる」etc

なんだか、人間の世界にも通用することが多くて思わず笑ってしまいましたわ。
だって強く押さえれば押さえるほど、反抗心ってムクムクわいてきますもんね。

なかなか楽しい講義の後、今度は外に出て実施見学。





数々の経験を重ねた参加者メンバー(つまり高齢ってことね)の前では
指導者の方もたじたじ。
まぁ あちこちで起きる暴走。
剪定した木を植えると芽が出ると、木を拾い出すわ。
いのししの柵がないからうり坊をとってきて放そうかと
大笑いするわ。重鎮メンバーの暴走はコワイ・・・。

みんなー聞こうよ。

そんななか、半ばあきらめ淡々と続ける指導員の方。

さすが指導者の剪定の手の動きは見事!
木の剪定方法、のこぎりの使い方を見るだけで今回の講習会に
参加した価値ありって感じでした。

さてさて、中途半端な剪定作業しなきゃ。

梅が満開でした
 

0 件のコメント:

コメントを投稿